アフターピルの副作用と飲み方や飲み合わせ

アフターピル,副作用

 

アフターピルを服用することでの副作用、また飲み方としてどんな風に服用していくのかというのは初めて使用する人にとっては気になるところと言えるでしょう。

 

そこで、副作用と飲み方、飲み合わせなどについて考えてみましょう。

 

副作用として考えられることは、吐き気や嘔吐、胸の張り、腹痛や下痢などの症状があらわれるとされています。

 

アフターピルの種類によっては副作用が出る可能性が少ないものもあり、また必ずしも副作用があらわれるとは限りませんが、だいたい服用してから24時間は副作用の症状が続くとされています。

 

飲み方としては、まずは避妊に失敗してから72時間以内に1錠を服用し、その12時間後にもう1錠飲んで完了する薬と、72~120時間以内に1錠を飲むだけで妊娠を回避できる薬と2種類あり、1錠だけで済むアフターピルの方が副作用が出る確率は少ないとされています。

 

アフターピル,副作用

 

また、アフターピルと飲み合わせについてはどうなのか気になるところです。

 

もし飲み合わせてしまうことで体に悪影響があらわれる可能性もありますので注意が必要と言えます。

 

ドラッグストアなどで購入できる市販の風邪薬や痛み止めなどは基本的に一緒に飲んでも問題ないとされています。

 

しかし、女性ホルモンの働きを促進する、プエラリアのような植物エストロゲンが含まれているサプリメントやチェストベリーなどが配合されているサプリメントを飲み合わせてしまうとホルモンバランスが崩れて体調を崩す恐れがありますので、サプリメントの併用は避けた方が良いと言えるでしょう。

 

加えて、ビタミンCのサプリメントなどもアフターピルの作用を強めてしまうことから一緒に飲み合わせるのはあまり好ましいこととは言えません。

 

やむを得ない理由がない限りは、やみくもに他のサプリメントや栄養剤などの一緒にアフターピルの飲むのは避けた方が望ましいと言えます。

 

正しい用法・用量を守ってしっかりと妊娠を回避できるように努めていくことをおすすめします。

 

アフターピルの即日通販TOP